2004/12/11

ハウルの動く城

魔法使い、火の悪魔、動く城、90歳の老婆、物語設定の思いつきだけでそのまま突っ走った印象。
城はよく動く城だった。
テーマとして「家族」を描きたかったのかな?

木村拓哉のハウル、我修院達也(『若人あきら』がしっくりなんだけどなぁ)のカルスファー、原田大二郎の「ヒン(犬)」役が良い。

隣のおばちゃん2人組みが、なにかしゃべってないと死んでしまうんじゃないかと思うぐらい上映中もずーっとしゃべっていた。

コメントを投稿