2009/08/09

【映画】サマーウォーズ 

「サマーウォーズ」を観てきました。



前作の「時をかける少女」で大成功した細田守監督作品ですね。
キャラクター、ストーリー、映像、演出どれも高いレベルですばらしい。

すごく純粋で美しいストーリーなんですが、「家族って素晴らしい」って
いう結末がもうひとつ、「すうっー」と腑に落ちてこないのは、大家族の
負の部分が描かれてないからじゃないかなぁ、なんて思いました。

まぁ、かなり複雑というかてんこ盛りなストーリーだし、登場人物もほと
んど内面が描かれていないのは、意図してそういう見えないところを排除
してるのかもしれません。

これは「時かけ」のときからそうですが、キャラクターの作画も意識的に
陰影がほとんどない、のっぺりとした感じに描かれているみたいなので、
監督の表現の手法として、意図的なものなのでしょう。


印象に残ったシーンは、おばあちゃんの家族への手紙(遺言)の一節

「いけないことは おなかをすかせてることと ひとりでいること」

「うんうんそぉそぉ、やっぱみんなで一緒にご飯食べるのがいいんだよなぁ」
なんて「じぃーん」としながら、ふと気づいたんだけど、この映画ひとりで
見ない方がいい。
コメントを投稿