2008/07/20

自虐の詩

この作品は、号泣する準備をしてから観ましょう。

原作は業田良家の同名の代表作ですね、こちらも感動の傑作です。

映画になると聞いたとき、「幸江」が中谷美紀で「イサオ」が阿部寛ってのはねぇ、ちょっときれいすぎないかい?このキャスティングで原作のペーソスが出るのかね。なんて思ってました。

が、さすがですね堤幸彦。映像の力で、見事にもの悲しくもありながらも幸福な世界を表現していますね。中谷美紀の演技はすばらしいです。

不覚にもぐっちゃぐちゃに号泣したあと
エンドロールの最後でまた・・・。



自虐の詩 プレミアム・エディション
ジェネオン エンタテインメント (2008-03-14)
売り上げランキング: 5346
おすすめ度の平均: 4.0
4 前半の卓袱台返しの連続技は必見
4 俺もちゃぶ台ひっくり返したい
5 時は流れ行き、そして私は生きている
4 自虐の美しさ
3 見事なキャスティング!
コメントを投稿