2007/05/31

玉子のてんぷら@竹清 高松市亀岡町

リンク
今日は高松です。

ということで、昼食はうどんの「竹清(ちくせい)」。

揚げたての天ぷらがおいしい有名店。
列に並び、お約束の「玉子とちくわの天ぷら」を注文し、うどんを食べる頃には、あつあつの揚げたて天ぷらができあがります。

卵のてんぷら@竹清 高松市亀岡町

この「玉子の天ぷら」は半熟で、このとおり黄身がとろおり。
揚げたてちくわ天もサクサクでおいしい。


うどん2玉 ¥200-
天ぷら ¥90-×2 
合計 ¥380-


今日のひと言
揚げたての天ぷらは、口の中のやけどに注意。

2007/05/28

パイレーツオブ・カリビアン ワールド・エンド

リンク

(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

いやぁ、文句なしです。
面白い。

公式サイト

久しぶりに、チョウ・ユンファ見ましたが、カッコイイ。
「男たちの挽歌」なんて、テープがすり切れるぐらい見てました。
佐古フィルムアカデミー(ごく身内の映画鑑賞会です)で、第1回アカデミー賞に輝いた作品でもありますからね。

関係ないけど、「劇団ひとり」と「チョウ・ユンファ(若い頃だけど)」が似てると思うのは、オレだけでしょうか?

そんな(?)チョウ・ユンファも加わり、脇役がどんどん醜くなることもあって、益々美しさが際だってるキーラ・ナイトレイ、ちょっと渋くなって男前が上がってるオーランド・ブルーム、その他ジェフリー・ラッシュに半魚人たち等々、個性的な大スターや脇役たちを堂々従えても、ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ)の存在感は圧倒的にすごい。

とりあえず、シリーズ3部作は終わりましたが、ジョニー・デップ以外登場人物とキャストを入れ替えての4作目(新シリーズ)に期待ですね。

2007/05/27

予防接種(7種混合ワクチン)@ドリーム・ドリー動物病院

リンク
愛犬チョビ子の通院備忘録。

予防接種(7種混合ワクチン)@ドリーム・ドリー動物病院

 予防接種(7種混合ワクチン)\6,500-(\500-引)
 フィラリア(幼虫・成虫)検査 \3,000-
 フィラリア予防薬 \1,200-(\100-引)
 合計 \10,700-

 11月まで、毎月30日に、フィラリア予防薬服用のこと。

2007/05/26

さんさん録@こうの史代

リンク
こうの史代「さんさん録」読みました。

「長い道」も良かったですがこちらもいい!
この作品は、GEROPPAトイレット名作文庫入り決定。

さんさん録 (1)
さんさん録 (1)
posted with amazlet on 07.05.26
こうの 史代
双葉社 (2006/03/11)
売り上げランキング: 53606

ゴルフ焼けです。

リンク
真っ赤っか。

日焼け止めクリームはぬっとかないと。

ゴルフ焼け

今日は、社内ゴルフコンペでした。

目標スコア90に対し、結果は93(48|45)と及ばず。

残念。

オークセイ・デュレス・ブラン・レ・クラ 2005@松山バーガンディー

リンク
2本目
こちらはブルゴーニュの白&ビオですね。

これは、香りがいいですね。
時間がたつほどに香りがひろがる感じです。

ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ブト ルイ・ジャド@松山バーガンディー

リンク
「通」から、場所を変えて松山バーガンディー

ワイン1本目

バッカスのラベルで有名なルイ・ジャド
もちろんうまい。

芋焼酎「伊佐美」@海風土屋 通

リンク
プレミアム焼酎の草分け「伊佐美」です。
もちろんうまい。

芋焼酎 「古典派」 3年貯蔵@海風土屋 通

リンク
竹久夢二のラベルのイメージどおり、やわらかな味わいです。

さつま白波@海風土屋 通

リンク
ザ・芋焼酎

今日の料理@海風土屋 通

リンク
昨夜は、なじみの通で会食です。

食べたのは
・かつおの刺身(醤油漬けのにんにくを添えて食べる)
・アジの刺身
・ハギの肝和え
・天ぷら(なす、オクラ、破竹など)
・マグロ尾の身のカツ

など

「海風土屋通」のマチコミュをみる!

2007/05/23

ゴルフオオクラ@松山市井門

リンク
26日は、会社のゴルフコンペです。

クラブを握るのは、何カ月ぶりでしょう。

全く、当たらない。

目標スコア90だというのに。

これは、大変だ。

明日も練習だ。

2007/05/22

A5ランク和牛 焼肉 福寿@松山市南高井

リンク
昨夜(5/21)は、久万高原町の隠れた名店「福寿」が松山市南高井に、開店する二号店のプレオープンレセプションにお招きいただきました。

焼肉 福寿@松山市南高井

最高級のA5ランク和牛肉です。(こりゃウマイ)

外観は、一見するとスタイリッシュなカフェのようです。これだと女性だけでも入りやすいですね。
5月24日(木)オープンだそうです。

2007/05/21

1週間遅れの母の日 バラのブーケ

リンク

母の日ブーケ2
Originally uploaded by GEROPPA.
14日の母の日用に花束を用意していたのですが、松山に来るのが1週間遅れたのでしおれてしまいました。

ということで、今、庭に咲いているバラの花を適当に摘んでブーケを作成。

この歳になっても心配かけてごめんなさい&ありがとうございます。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 鴨志田 穣

リンク
酔いがさめたら、うちに帰ろう。
鴨志田 穣
スターツ出版 (2006/11)
売り上げランキング: 3534

鴨志田 穣氏は、戦場カメラマンにして、漫画家西原理恵子氏の元夫。

西原理恵子ファンなので、毎日新聞に連載中の「毎日かあさん」は、毎週日曜日、新聞を手に取ると真っ先に見てました。

主に子育ての事を中心に、サイバラ家の身近なネタで構成された作品の中で、鴨志田さんは、アル中オヤジとして、入院や、離婚の事がネタにもなっていました。亡くなる直前には、酒をやめ、家族と同居していた様子も伝えられていましたが、最後はガンの為に逝去されたそうです。

この作品は、鴨志田さんのアルコール依存症の闘病記をもとにつづられた作品です。いちおうフィクションということですが、実際にはほとんどのエピソードは事実に基づいたものでしょうね。
もとどおり、家族と暮らしたいと考え、依存症を治療するために入院・治療により懸命に復帰に向けた努力を重ね、希望が見え始めたときガンであることがわかる。

ガンについてのことや、家族と一緒に暮らすようになってからのことは、作品中ではふれられていません。しかしながら、作品からは、死と向かい合い、そして受け入れた、鴨志田氏の静かな心が伝わって来ます。元妻である西原氏は、鴨志田氏のお別れの会で、「最初と最後はいいひとでした。」と語っていたとおり、残されたわずかな時間を、愛する人たちとともに生きられた時間は、氏にとってなによりも幸福な時間だったにちがいありません。

過去に、アルコール依存症の闘病を題材とした作品では、中島らも氏の「今夜すべてのバーで」という傑作がありますね。14で初めて口にして、15で一升酒を飲み干して以来、かれこれ30年のつきあい、いまだに酒による失敗も数々というGEROPPAには、γ-GTBの数値とともに、常に心にひっかかっている作品でした。

小説としての完成度は、中島氏の作品が高いと思いますが、本作は、ドキュメントとして、鴨志田氏の感情が痛いほど心に伝わる良い作品だと思います。

2007/05/14

ショコラ

リンク
DVDで「ショコラ」を観ました。

ジュリエット・ビノシュのファンなのです。(ま、大ファンなんですけど)

ショコラ DTS特別版
ショコラ DTS特別版
posted with amazlet on 07.05.15
角川エンタテインメント (2001/11/03)
売り上げランキング: 19165

ある寒い日、モノトーンに沈む街に、娘と二人真っ赤な外套で現れた母娘。たどり着いたその村でショコラトリー(チョコレート店)を開店し、古めかしく堅苦しい村人たちの心を溶かしていくヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)。哀愁をたたえながらも、慈愛に満ち、そして勇気を与えてくれる、あの笑顔は、ジュリエット・ビノシュじゃないと出来ませんね。

ところで、彼女がアカデミー助演女優賞を獲得した、あの傑作「イングリッシュ・ペイシェント(1996)」以来となるアンソニー・ミンゲラ監督作品に出演した最新作「こわれゆく世界の中で」は、松山では公開される予定がないようです。

なんでだよ。

2007/05/11

野菜天ぷら釜揚げうどん@瓢月(松山市南高井)

リンク
久々に「瓢月」でうどんです。

いつもの事ながら、店内はお客さんでいっぱい。
食べたのは、いつもの野菜天ぷら釜揚げうどん(¥579-)です。

野菜天ぷら釜揚げうどん@瓢月 松山市南高井

細めの麺で、コシはそれほど強くないのですが、打ちたて揚げたてなので、ツルツルシコシコと、のどごしがよくてとてもおいしい。

2007/05/10

鴨とフォアグラのガランティーヌ@松山バーガンディー

リンク
今夜は、息子ふたりとも修学旅行で留守。

9時半ぐらいまで仕事、そのまま帰ろうと思っていたのですが、ひとりで食べる夕食はさびしい。ということで、松山バーガンディー。

鴨とフォアグラのガランティーヌ

鴨とフォアグラのガランティーヌ@松山バーガンディー

ガランティーヌとは、鴨や鶏肉にフォアグラほかのパテを詰めてボイルしたもの。
これウマイなぁ。

海の幸サラダ@松山バーガンディー

海の幸サラダ(メニュー名前忘れた。)

海の幸サラダ(?)@松山バーガンディー

もちろんウマイ。

ワインは、メール・エ・コキャージュ(アルザス 白)
花びらのような香りのさわやかなワイン

2007/05/09

GWに観たDVD マッチポイント

リンク
マッチポイント

マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付)
角川エンタテインメント (2007/02/02)
売り上げランキング: 837

目的は、もちろんスカーレット・ヨハンソンを見るためです。

「ロスト・イン・トランスレーション」以来、彼女の大ファンですからね。
彼女が主役級で出演している作品は全部観てます。
しかも、本作品は男を惑わせる、エロティックな役どころですからね、これは見逃すわけにはいきますまい。

GEROPPA的には、彼女を観られるだけでもOKなんですが、なかなか作品としての完成度も高い!

上昇志向の強い主人公が破滅へと向かっていく心理描写が絶妙ですし、単純な悲劇として終わらさず、作中のシーンや台詞が、いくつもの複線が張られたラストへ意外な展開もよい。
さすがウディ・アレンですね、脚本が素晴らしい。

先日の、「硫黄島からの手紙」は期待しすぎたために、ちょっとがっかりしたところもありましたが、この作品は逆で、いい意味で期待を裏切ってくれて、とても良かったです。

オススメです。

GWに観たDVD 硫黄島からの手紙

リンク
GWに観たDVD

硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007/04/20)
売り上げランキング: 52

言わずと知れた、クリント・イーストウッド監督作品 
劇場公開中に見逃したのでDVDレンタル開始を心待ちにしていた作品。
 
抑えた演出がいいですね。映像もモノトーンで硬質な寂寥感が美しい。大戦末期の日本軍の硫黄島に散る兵士の悲哀と、ただ愛するものを守るということだけを希望として、絶望的な戦いに挑む姿が悲しい。

クリント・イーストウッドが、同じ戦闘を舞台として戦闘した、両国の側から描かれた2作品、渡辺謙主演ということで、米国でもかなり話題性が高かったですが、作品としても非常に品質の高い作品です。

米国映画でありながら、日本語の演出・脚本も良くできていますね。ちょっと残念なのは、日本軍兵士が「ライフル」とか「ジープ」とか言うのはどうにも気に掛かかりました。

GWに読んだ本 4コマ哲学教室 南部 ヤスヒロ 相原 コージ

リンク
4コマ哲学教室
4コマ哲学教室
posted with amazlet on 07.05.07
南部 ヤスヒロ 相原 コージ
イーストプレス (2006/04)
売り上げランキング: 44958

相原コージ氏の傑作「漫歌」を題材に、高校教諭である南部氏が実際の授業で行う哲学についての副読本を書籍化したもの。
なるほど、ヒロシとブタ公はアウフヘーベンしてたのね。

GWに読んだ本 モオツァルト・無常という事 小林 秀雄

リンク
モオツァルト・無常という事
小林 秀雄
新潮社 (1961/05)
売り上げランキング: 7989


西行についての批評は、原典にあるていどの知識もありおもしろい。
しかし、他の批評は自分自身の(モオツァルトについてはほぼ知識皆無)原典の理解が足りないなあ。

GWに読んだ本 イエスタデイをうたって(5) 冬目 景

リンク
イエスタデイをうたって vol.5 (5)
冬目 景
集英社 (2007/04/19)
売り上げランキング: 311

中断してた連載も再会し、久々の新刊です。

GWに読んだ本 ごくせん(15) 森本 梢子

リンク


ごくせん 15 (15)
ごくせん 15 (15)
posted with amazlet on 07.05.07
森本 梢子
集英社 (2007/04/19)
売り上げランキング: 470

「ごくせん」完結です。
篠原先生>慎へとつながるラストの展開は、うまくまとまりましたね。

2007/05/06

GWに読んだ本 文鳥・夢十夜 夏目漱石

リンク
GWに読んだ本

文鳥・夢十夜
文鳥・夢十夜
posted with amazlet on 07.05.06
夏目 漱石
新潮社 (1976/07)
売り上げランキング: 36287

「夢十夜」いいですね。

2007/05/03

ビネール・ピノ・ノワール・ヴァン・ダルザス2005@松山バーガンディー

リンク
店を変えて、松山バーガンディー

先日、せっかくセッティングしていただいた約束を果たせなかったのでお詫び。

ビネール・ピノ・ノワール・ヴァン・ダルザス2005

ビネール・ピノ・ノワール・ヴァン・ダルザス2005

ブルゴーニュのピノとは、またひと味違ってこちらはアルザスのピノ。
ほどよい果実味がよい。

シャトー・フェラン・セギュール 1988@ワインバー グラン・クリュ

リンク
3杯目はボルドー

シャトー・フェラン・セギュール 1988

シャトー・フェラン・セギュール 1988

ここのところブルゴーニュが多かったので、久々に飲んだ、しっかり熟成したボルドーはやはりおいしい。

Chateau Phelan Sehur 1988
フランス>ボルドー>メドック>サン・テステフ
カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロ35%、カベルネ・フラン5%

クロ・デ・ランブレイ グラン・クリュ 1995@ワインバー グラン・クリュ

リンク
2杯目もブルゴーニュ

クロ・デ・ランブレイ 1995

クロ・デ・ランブレイ グラン・クリュ 1995

やはり、グラン・クリュ。
深みと複雑な味わいが印象的で素晴らしい。

Clos des lambrays grand cru 1995
domaine des lambrays
フランス>ブルゴーニュ>モレサンドニ
ドメーニュ・デ・ランブレイ(モノポール)

フィッサン・プルミエ・クリュ クロ ド・ラ・ペリエール @ワインバー グラン・クリュ

リンク
久しぶりの「グラン・クリュ」。
カウンターは満席です。見慣れない光景で、ちょっとびっくり。
今日はブルゴーニュから

フィッサン・プルミエ・クリュ クロ ド・ラ・ペリエール

フィッサン・プルミエ・クリュ クロ ド・ラ・ペリエール  モノポール

なんというか、力強い印象の味。

Fixin 1er Cru clos de la perriere (Monopole)
フランス>ブルゴーニュ>コート・ド・ニュイ>フィッサン>クロ・ド・ラ・ペリエール
ピノノワール100%