2007/01/03

シャトー・ロック・ド・ジャンリス・キュヴェ・モノポール・セレクション 2005(AOCボルドー)

年末に購入していたワイン3本のうちの1本。

2005年のボルドーは最高の当たり年だそうです。
フレッシュさはありながら奥深さも感じます。けっこう濃厚な印象の果実味と酸味のバランスもいいですね。

 シャトー・ロック・ド・ジャンリス・キュヴェ・モノポール・セレクション 2005(AOCボルドー)

昨日、フジグラン松山のチーズコーナーで、3点よりどり980円で購入したチーズといっしょにいただいております。

青カビチーズ3種

購入したのは、すべてフランス産のブルーチーズ。
  1. ロックフォールブラックパピヨン(手前)
  2. サンタギュール(左)
  3. フルムダンベール(右)
1のロックフォールは、イギリスのスティルトン、イタリアのゴルゴンゾラと並ぶ、世界3大ブルーチーズのひとつです。羊の乳から造る強い塩味と豊かな香りが特徴のこれぞブルーチーズという味わいです。
ワインにも良く合いますね、特に甘い白ワインと合わせると最高です。赤ならフルボディの熟成したボルドーがいいですね。GEROPPAはこの濃厚な味が大好きです。

2のサンタギュールは、青カビらしくクリーミーながらマイルドな味わいのブルーチーズです。
3のフルムダンベールは、サンタギュールよりさらにマイルドな印象ですね。青カビ初心者向けにはいいんじゃないかな。

今日のワインはフレッシュさがポイントでもあるから、2のサンタギュールが合うんじゃないかな。

一人で食べるには、今日食べたような小さな(50g)ぐらいの大きさだといいですが、通常販売されているブロックで買うとどうしても余ってしましまいますよね。

熟成したチーズは、賞味期限が短く、冷蔵でも発酵がすすみます。
なので、保存するときは、発酵を抑えるため、0度に維持できるパーシャル室で、アルミホイルに巻いて、さらにラップをしての保存がいいみたいです。
コメントを投稿