2007/11/27

期限管理情報の改ざん@日本マクドナルド

リンク
今回のマクドナルド社サイト内での発表を見るに、どうやら改ざんに対する内部告発があったのではないかなって感じです。

MEGAMAC


今回株式会社アスリートが経営するレストランにおいて食を扱う企業として看過できない状況となり、当該企業とのフランチャイズ契約を解除する決定にいたりました。

また今回の事態を重く受け止め、全社の安全管理体制の周知徹底を図るとともに、全店舗での安全監査を実施し、他の店舗において自主基準を逸脱する行為が無かったことを確認しております。

(略)

われわれから積極的な謝罪告知にいたらなかった事、お客様には多大なご迷惑とご心配をおかけした事を心よりお詫び申し上げます。

些細な(と当事者は感じていたのだろう)ルール違反でも、そのことに対して従業員になんらかの処分を行った場合、内部告発による(告発者の意図する範囲を超えて)、マスコミへ情報が伝わるリスクを、想定していなかったんでしょうか?

日本マクドナルドのような会社でも、いざ自分のこととなると、情報公開の重要性ということに対する判断を誤ることがあるということですね。

このフランチャイズ企業の従業員に、どのような処分が下されたかは明らかになっていませんが、食品衛生の問題に対するリスクが大きくなればなるほど、その現場で関係者に下される処分が、相対的に重いものになっていることは容易に想像できます。

船場吉兆の問題でもそうですが、従業員が自発的にこのような改ざんを行うことが、その人自身になんのメリットももたらさないし、直接敵または間接的な、上司(経営陣)からの強制力が働いていると考えるほうが、腑に落ちるし、実際ほとんどの場合はそうでしょう。

このようなケースで、従業員になんらかの処分が行われた場合、報復として(反省という場合もあるかもしれませんが)隠蔽された事実を、自身のメディア(ブログやSNS)で告発するということは、少しばかり想像力をはたらかせれば、簡単にわかるはずなんですけどね。

個人が、簡単で自由に情報発信できるメディアを持つ現代、企業経営者は、些細なことでも、情報を隠蔽または制限するなどということは不可能だということを自覚し、情報公開の最優先という唯一正しい選択を、条件反射的にできるように、常に準備しておかねばなりません。

2007/11/25

点心「静」@松山市二番町

リンク
点心のお店「静」(セイと読むのかな?)

帰ろうかと思ってたところに、さっきまで飲んでた店のスタッフ3人が「仕事終わりでこれからメシですよっ!」ていうところに遭遇。
そのまま合流して午前4時過ぎに入店。

PAP_0013.JPGPAP_0014.JPG

たべたのは、餅餃子、小龍包、皮蛋(ピータン)、春巻、さっぱり系の鍋(名前覚えてないけど、すげーうまい)など々をいただいて店を出たのは6時ぐらい。
さすがフレンチのシェフお勧めの店、ウマイです。

いやーしかし、久々に朝までやっちまいました。
休肝日の効果は絶大というか、これじゃ休肝日とった意味ねーぜ。すごいリバウンドっぷり。

PAP_0011.JPG

写真は、朝日に映える護国神社です。

2007/11/24

私の男@桜庭一樹

リンク
「私の男」@桜庭一樹


私の男
私の男
posted with amazlet on 07.11.24
桜庭 一樹
文藝春秋 (2007/10)
売り上げランキング: 249


朝の光に真っ白にかがやく流氷の下には、
真っ黒な海がどこまでも続く闇のようにひろがっていて、
流氷が分かつのは光と闇の世界、決して超えてはいけないその境目を
父娘は堕ちていく。

つめたく湿った空気感、臭気をまとった、なまなましく、うつくしいぶん体がすばらしい。

2007/11/23

餓鬼道肴蔬目録@内田百閒(ちくま日本文学全集)

リンク
この度の二日酔いは格別にひどい。

「久米の癒」でサウナ=>冷水×4セットで血中アルコール濃度の下げようとしましたが、まったくだめ。
いつもなら、次のココイチの3倍カレーで滝の汗のはずが、胃が無反応でスルー。
結局大量に食べ残して、その後夜寝るまで、何も口に入れたくありませんでした。

反省しきりです。

で、こんな日に読んだのは、内田百閒@ちくま日本文学全集




百閒先生大好きです。
タイトルは、この全集に収められた中で、特に好きな作品のひとつ。

食べ物の名前を列挙したものですが、戦時中の為、食べるものがどんどん無くなっていく中、せめておいしいものを思い浮かべ、書き出されたリストは、3年前、ヘルニアで3週間入院しているときに、あまりに食事が寂しい内容(高脂血症者用)だったんで、おいしいものが食べられないつらさを、百閒先生の思いを感じながら読んでました。

内田百けん (ちくま日本文学 1)
内田 百けん
筑摩書房
売り上げランキング: 87,738
餓鬼道肴蔬目録(がきどうこうそもくろく)

註 昭和十九年夏初メ段段食ベルモノガ無クナッタノデ
  セメテ記憶ノ中カラウマイ物食ベタイ物ノ名前ダケデ
  モ探シ出シテ見ヨウト思イツイテコノ目録ヲ作ッタ
  昭和十九年六月一日昼日本郵船ノ自室ニテ記

 さわら刺身(さしみ) 生姜醤油(しょうがじょうゆ)
 たい刺身
 かじき刺身
 まぐろ 霜降りとろノぶつ切(ぎり)
 ふな刺身 芥子味噌(からしみそ)
 べたらノ芥子味噌
 こちノ洗い
 こいノ洗い
 あわび水貝(みずがい)
 小鯛焼物
 塩ぶり
 まながつお味噌漬(みそづけ)
 あじ一塩(ひとしお)
 小はぜ佃煮(つくだに)
 くさや
 さらしくじら
 いいだこ
 べか
 白魚ゆがし
 蟹(かに)ノ卵ノ酢(す)の物
 いかノちち
 いなノうす
 寒雀(かんすずめ)だんご
 鴨(かも)だんご
 オクスタン塩漬
 牛肉網焼
 ポークカツレツ
 ベーコン
 ばん小鴨等ノ洋風料理
 にがうるか
 このわた
 カビヤ
 ちさ酢味噌

 (中略)

 年ガラ年中有ッタノハ
 林檎(りんご)
 牛乳
 少シ前ハ英字ビスケット
 ベーコン
 オ午(ひる)ニそば二ッ宛(ずつ)
 麦酒(ビール)
 炭酸水
 オ刺身又ハ洗い コレハ時化(シケ)デナイ限リ必ズ 殆(ホト)ンド毎小鯛の塩焼



どうです。うまそうでしょ。

もつ鍋@まるしょう

リンク
昨夜は、会社の仲間数人と「もつ鍋」です。

お店はというと、 松山で「もつ鍋」というえばココ、道後樋又の「まるしょう」です。
クセがなく甘みがあって濃厚な味わいの「もつ」が最高です。
男2女3のメンツだったので、最初はもつ鍋(800円)5人前+豆腐(200円)5人前(なぜか別売)をオーダーしましたが、ペロッとやっつけて、鍋3+豆腐3の追加です。シメに麺も2人前オーダー。
もう腹いっぱいです。

その後、カラオケに流れて、気持ちよく歌ってたんですが、ながらく約束が果たせてなかった木曜日の松山バーガンディーのことを思い出して急行。
そのあと、品川で4時ぐらいまで、たっぷりマッコリなど。

飲みすぎですな。



まるしょう
ヘルシーでスタミナ満点の鍋をいただく
愛媛県松山市道後樋又7-10 営業時間:17時~24時 定休日:月曜、第1火曜 TEL:089-922-8369 データは2007/11/24現在のものです。
愛媛のグルメ・タウン情報誌「愛媛こまち」
Posted by Picasa