2005/12/30

しゅた!

リンク
051230_164411_M.jpg

いそがし杉で更新どころじゃありません。
来ていただいた方、すんまソン。(しゅた!)

2005/12/23

サン・トワ・マ・ミー

リンク
昨夜は会社の忘年会。

会場は一番町の「全日空ホテル」。100人近くが出席する宴会なので、もうホテル以外の場所では出来なくなりました。メニューは中華でしたが、こういう宴会では、出来るだけたくさんの社員を話すことが目的なので、料理はだいたい最初の何品かを食べると、あとはテーブルをまわりながらずう~っとしゃべりっぱなしです。

昨年の忘年会は社外からの招待客が多すぎて、それらの人と挨拶するだけで終わってしまった感がありました。今年はその反省から招待客を最小限に絞ったので、部下のみんなにちゃんと「ご苦労さま」が言える時間がありました。

最後に中締めの音頭を仰せつかりましたが、すっかり酔っぱらっていて「~益々の発展を祈念して云々」っていうのをすっかりすっ飛ばして、チョー簡単な一本締めで一次会終了。

二次会は、これも大人数ゆえに入れるところは限られていますので、いつものカラオケです。

それじゃあ出発ってとき、社員数名から「○○○に連れてって下さいよー」のリクエストがあり、カラオケ組からフェードアウトしてちょっと寄り道してから行きました。

○○○を存分に堪能してから、カラオケに合流。三番町に最近オープンした「キスケWAO ANNEX」です。新しいお店なので、どの部屋も大画面のプラズマ画面が装備されていて、内装などもなかなか良い雰囲気のお店です。

大人数なので5~6部屋を取ってましたが、それでもいわゆる「ぎゅうぎゅうずめ」の状態でした。大盛り上がりの部屋あり、なにやら怪しげな秘密結社の集会風の部屋あり、ふつーの地味な世間話している部屋ありで、それぞれなんとなく納得のメンバーが集まってます。

ノリのいい3部屋を行ったり来たりしながら、いつものサンボマスター「これで自由になったのだ」と和田アキ子の曲のカバー「あの鐘を鳴らすのはあなた」、THE BLUE HARTSの「TRAIN TRAIN」、RCサクセションの「サン・トワ・マ・ミー」なんぞを熱唱。

んでもって、最後はいつものル・クラブ。
飲んだのはイタリアのバローロ[2001]リヴァータ
さっぱりとした味わいのなかなか美味しいワインでした。


COVERS
RCサクセション



キティMME
1990-11-07
売り上げランキング 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

2005/12/20

パッチギ!

リンク
パッチギ ! スタンダード・エディション
塩谷瞬 松山猛 井筒和幸 高岡蒼佑 沢尻エリカ 羽原大介



ハピネット・ピクチャーズ
2005-07-29
売り上げランキング 6,197

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

私のハンドル名「GEROPPA」は、ファンクの帝王、ジェームス・ブラウンの名曲「Sex Machine」の一節「Get up!」が「ゲロッパ」と聞こえるので、それにローマ字を当てて付けたモノ。もう15年ぐらい前から使ってます。

意味はわかる人にはわかってたと思いますが、2003年に井筒監督が、J・Bへのオマージュ作品の「ゲロッパ」を制作してからというもの「ああ、これだったの」ということで、ちょっぴりわかる人が増えたみたいですね。(だってこの映画ってば、あんまりヒットしなかったんですよね。)

ってことで、私と、井筒監督とは「ゲロッパ」つながりなんだという、勝手な親近感をもったりしております。(向こうは全然つながっている自覚はないです。)

前置きはこのへんにして、この「パッチギ!」。

井筒作品なんで関西弁は完璧です。出演の役者さんは苦労したんじゃないでしょうか?あの「前田 吟」までが、ちゃんと関西弁ですからね、逆にちょっと変な感じです。

他の監督だとどうしても妥協してしまいがちですが、さすがにこのへんは素晴らしい。関西圏外の人から見るとわからないと思いますが、へんなイントネーションの関西弁をしゃべられると、どんないい作品でも、もうそれだけで台無しですからね。

キャスティングも井筒作品には欠かせない、笑福亭松乃助師匠初め、関西お笑い界からの出演も多数です。中でも「ケンドー・コバヤシ」なかなか良かったですね。

汚いのばかりの中で、「沢尻エリカ」と「オダギリ・ジョー」が、便所の中の芳香剤のようにひとときの安らぎを与えてくれる美しさでした。特に「オダギリ・ジョー」。この人、自分のことバイセクシャルだってカミングアウト済ですが、あの顔でほほえみながら口説かれたら、抱かれてしまうかもって感じです。

井筒作品一流の、もどかしさをあちこちぶつけまくり、切なさにところかまわず吠えまくり、悲しくてやるせなくて泣きじゃくって、ぶち当たる試練に「パッチギ」をかましまくってすすんでいくゾっていう、大阪名物泥ソースをぐっちゃぐちゃにかけたお好み焼きのように味わいの濃い作品です。

でも、この作品、取りあげたテーマの割には、なんかあまりにも、すっぽりと胸に納まってしまう感がありまねぇ。このテーマだと、もうちょっと可哀想なラストでいいんじゃないかなぁ。

見終わった後、作品をどう自分の中に納めたらいいのかわからない、なんか納まり具合が悪いと、どうにか納めようとして、作品のテーマであるところの、悲しみや苦しみの本質に迫っていくし、結果、どうにか作品が心の中にスッポリと収まったとき、さらに感動が深まり、作品にさらに厚みが出るんじゃないかと思います。

しかしまあ、エンターティメントとしての映画ということでは、これが正解なんでしょう。
大変素晴らしい作品なんで私としてはこのへんがちょっと残念な気がします。

が!、しかし。そんなこと言いつつ良い作品だと思います。オススメですよ。


2005/12/19

つかの間の休養

リンク

日曜日の朝、外はうっすらと積雪です。

怒濤の年末進行中。日曜深夜から月曜にかけての24時間勤務からはじまり、水・木の新潟出張、金・土の連夜の忘年会と、今週はかなりハードなスケジュール。昨夜は、2軒目の店でレギュラーの西川君ばりの気絶。

今日は、午前中に用事と買い物をすまして、午後は、近所の喫茶店「珈蔵」に積み上げていた未読本を持って行ってゆっくりと読書など、つかの間の休養です。







ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座 宗教紛争はなぜ終わらないのか
井沢 元彦



徳間書店
2004-11-20
売り上げランキング 3,742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

2005/12/13

ダメだこりゃ--[BS有料化で最終調整へ]

リンク
BS有料化で最終調整へ NHK改革で推進会議

政府の規制改革・民間開放推進会議(議長・宮内義彦オリックス会長)は13日、年末の答申に向けて議論、NHKの経営の在り方ではBSデジタル放送の有料化で総務省と最終調整する方針を確認した。

 同会議は、有料化の方法として、料金を払った世帯だけが視聴できるスクランブル放送の導入を求めており、2006年度の早い段階に結論を出すよう答申に盛り込む方針だ。


収益性の悪化に対して、サービス(ここではコンテンツ)の向上ではなく、課金の強化を行うというのですからまったくもって「ダメだこりゃ」です。

他にも受信料未払い者への料金の督促とか言ってますよね。

そもそも収益性が悪化したのは、「タダでNHKを見る人が増えた」だからじゃなく、「このままなら金を払うほどの価値がないからどうにかしろよ、とりあえず金払わないゾ。」だからなんですよ。

地方の鉄道会社や、バス会社などの公共交通が、モータリゼーションの発展に伴い、軒並み料金アップで収益確保をはかり失敗しました。
逆にその流れに逆行し、利便性と料金を顧客の立場に立って、料金を下げサービスを向上させた会社は、しっかりと成長しています。

利用者の立場としては、まだまだ「このままじゃ・・」ってことで、まだうっすら期待も残っています。NHKの経営陣は今スグ顧客の立場に立った改革を断行しないとね。

間違っちゃいけないけど、視聴者にアンケートとることじゃないですよ。
公共放送が有料契約者のみにスクランブル放送するってことがどういうことなのか、意味をよーく考えなさい。

その上で、NHKにまだ「うっすら期待を寄せる人」たちに、真に共感を得られるような経営ビジョンを示すことです。

オリックスの会長だかなんだか知らんバカものがフザけた事を言っている、今回の件はチャンスなんだからね。

どういう意思表明をすればいいかは、簡単なことでしょう。



2005/12/11

ロハスな基準とは

リンク
商標で持続可能な収入を得るライフスタイル

雑誌「ソトコト」を買ってみたんですが、なんと「ロハス」という言葉がすでに商標登録済みである!(「ソトコト」の編集をしているトド・プレス、三井物産ほかにより)という事実にひっじょーに驚かされました。


三井物産、「ロハス」のブランド管理


「オレってロハス(LOHAS)だから・・・」なんてブログのエントリーを書いたとする。

特定の企業から、ある日突然こんなメールが届きます。

「当社の調査の結果、あなたのライフスタイルは、当社のロハス(LOHAS)基準に照らし、正当なロハス(LOHAS)ではないと判断されました。ロハス(LOHAS)は××株式会社によって商標登録されており、第三者の使用に関しては、当社独自の審査基準にそって、使用の可否が認められます。貴サイトでの以後の当該商標の使用は一切の使用を禁じます。」

ってのを想像してみてください。

この「ソトコト」って雑誌を出してる会社は、本気でこんなバカげたことをやろうとしてるんですかね。

この商標登録ですが、人のふんどしで相撲を取ったりとか、タナボタで儲けたりって色気を出したりすると、エイベックスの「のまネコ」の時みたいに、反社会的な企業としてイメージを失墜させてしまう、非常にリスキーな事だっていうのが全くわかってないんですかね。

ましてや、まかりなりにも、メディア企業(雑誌を発行する出版社)でしょ。もともと自分のモノ(言葉)でもないのに、オレたちがはやらせたんだから、商標登録しちゃって、だれもが自由に使えなくして、オレたちだけで儲けようっていう盗人根性丸出し、あきれてものが言えません。

この雑誌を読んでか読まずかは別にして「オレ(ワタシ)ってロハスだから」なんて言ってるアナタたち。知らない間に、こういうヤツラの金儲けの片棒を担がされているってことがないように気を付けて下さいね。

2005/12/10

ブラジル、クロアチア、オーストラリア

リンク
決まりましたね。ドイツワールドカップ予選の組み分け。
日本は、ブラジル、クロアチア、オーストラリアと同じグループFです。

ブラジルは前回のチャンピオンでセレソンの歴史の中でもジーコ率いる黄金のカルテットと並ぶかそれを超えると言われる史上最強のチーム。

しかしながら、われらが日本チームを率いるのは、なんたってあのジーコです。まともなブラジル人なら、ジーコの初めての代表監督というキャリアに泥を塗るような、不届きなヤツはいません。決勝トーナメントならいざ知らず、予選ですからね。全てのシュートはゴールマウスの30cm外に正確にコントロールされることは間違いないでしょう。かといってもそこは「王者ブラジル」負けるわけにはいかないですからね。この試合は引き分けです(1-1)。

クロアチアはフランスワールドカップで同組になって敗れた因縁のあるチーム。あのときクロアチアはベスト4まで残った強いチームでしたが、ボバン、シュケル、プロシネツキを擁した歴史的に最強のチームでした。今回は大したことないですね。でもしぶとい奴らなんで、この試合は辛勝。(1-0)

オーストラリアは、あの名将ヒディングが監督のチームですが、前回の日韓共催ワールドカップの彼の実績は、「鄭夢準(チョン・モンジュン)とゆかいな審判団」によるものですからね。しかもクラブチーム(PSV)との掛け持ちなどという、力の入っていない監督のチームに、負けるわけにはいきません。これは気合いで勝利です。(2-0)

ということでGEROPPA的予選成績予想はこのようになります。
  • ブラジル     2勝1分
  • 日本       2勝1分
  • クロアチア    1勝2敗
  • オーストラリア  3敗

日本は予選通過まちがいなし!

2005/12/04

ジビエ ウマッ!最高

リンク
昨夜は、ジビエ(野禽獣)を食べられるお店ブラッスリー TOURNER LA PAGE(トゥールネ ラ ぺージュ)に行きました。

ここは、「松山でおいしいお店なら知らない店はない!」というTさん絶賛のお店。Tさん、Hさんとそのご主人の4人で早速行ってきました。

みんなが席について、店員さんがメニューの説明をしてくれるんですが、これでいきなりやられてしましました。


店員さん「エゾ鹿はカルパッチョにするとアッサリとして・・・・。」


一同「ほぉーっ!」


店員さん「豚はドングリだけを食べさせて育てた、イベリコ豚を使って・・・。」


一同「へぇーっ!」


店員さん「青クビ鴨は、散弾銃で撃ったものは肉に血が廻るので、網で捕ったものを使って・・・。」


一同「おぉーっ!」


と、メニューの最初から最後までこんな調子。

「ぜっ、全部ください!」という衝動を抑えてセレクトしたのがコレ。


食前酒

 シャンパン

前菜

 生ハム(ハモン・セラーノです)とイチジクのサラダ
 エゾ鹿のカルパッチョ
 高知産完熟トマトとモッツァレラ
 生ソーセージと白マメの煮込み

パスタ

 ゴルゴンゾーラのパスタ

メイン

 イベリコ豚と・・・(忘れた)
 青クビ鴨のローストトリフ添え

料理はゆっくりと出てきますから、ワインもどんどんすすんで、結局3本。

多分これ(エチケットをもらって帰らなかったので銘柄がわかりません。)
だと思いますが二本目に飲んだワインがすごく美味しかったです。

Hさん夫妻は、ご主人はお酒を飲まない人、Hさんは妊娠中なので、飲んだのはTさんと私2人だけです。(やっちゃいましたね、最後の方の記憶があやしい。)

で、肝心の料理はというと、「どれもこれも最高ですよーフォー!!」 って感じです。(どんな感じなんだ)

もう、このお店の大ファンになってしまいました。とりあえず全メニュー制覇まで通います。

2005/12/02

Google Analytics導入その後

リンク
clmemo@akaさんのところで、11月23日の私のエントリーを取りあげていただいてましたので、それにお応えする意味でちょっと補足です。

もともと大したアクセスじゃないんでアレなんですが、まとまった数になったんでその後の状況を追加で報告です。

これが導入前の1週間(11月6日~12日)の状況
ちょっとYahoo!が多かった週ではありますが、これ以前もだいたいこんなもんです。
Yahoo!とMSN search 以外はないってのも結構ありました。



でもってこちらが直近の1週間(11月27日~12月3日)の状況

Googeとそれ以外の数多の検索サイトからの来訪が増えました



ちなみにキーワードの上位5位までは以下の通り。
  1. もやしもん
  2. ノルアドレナリン
  3. 幸浜
  4. ロングテール戦略  
  5. 焼酎バーげんこつ

特にGoogle関連のキーワードからってことではないみたいですね。